知っておくと安心!これでお葬式マナーは大丈夫

こんなに違う?宗派や地域によって違うお葬式のマナー!

おすすめリンク

仏壇廃棄処分と供養の方法とは?

菩提寺なら閉眼供養とした上で仏壇処分が可能です!お炊き上げ供養の費用目安は5万円から!

本当にお得?格安家族葬のサービスについて

格安家族葬にもいくつかパターンがあります。費用や時間をかけずに見送る家族葬の内容とは?

二次会代行サービスとは?

二次会の幹事は大変ですよね!今回は二次会の幹事代行サービスの内容や価格についてご紹介します。

流山の葬儀業者の違い

流山にある葬儀業者選びでお困りなら!業者の特徴や長所など、選びやすくなるポイントをまとめました。

お葬式にはどんな服装をするのがベスト?

お葬式のマナーやルールはデリケートな問題なので、頻繁に話題になる事はほとんどありません。その為、ルールやマナーを始めに、様々な部分が曖昧になっている方は意外と多いです。
例えば告別式とお葬式の違いは何か分かりますか?お葬式と言うのは葬儀を指し、会社関係の方や近所に住んでいる方が故人とお別れをする儀式になります。一般的に葬儀は1日目のお通夜と2日目の告別式に分かれていて、ここで指すお葬式はお通夜を意味します。
エリアやタイミングにもよりますが夕方から始まる事がほとんどで、喪主、家族、親族の順番で焼香を済ませた後に弔問客が行います。全ての方が焼香を済ませたら僧侶の法話が始まり、約10分程度で終わります。お通夜自体、半通夜が主流で長くても3時間程度で終わります。僧侶が退場したら、通夜振る舞いの席に案内されます。
通夜振る舞いは参列客にお礼の気持ちを込めておもてなしする事で、エリアによってはやらないところもあります。通夜振る舞いに誘われたのに断るのはマナー違反で、食事や飲み物を頂きながら故人の思い出を話します。
次の日に行われる告別式はお通夜と違いゆっくりと時間を取っているので、家族や親族が故人の事をゆっくり偲ぶ時間になります。告別式では焼香以外にも読経・引導だったり、弔辞・弔電の紹介があったりしますのでやや時間は長めです。
花入れで最後の別れとなり、火葬が始まります。これがお葬式・告別式の一般的な流れ、違いになります。