こんなに違う?宗派や地域によって違うお葬式のマナー!

>

お葬式と告別式の違い

この記事をシェアする

女性の服装マナー

まず知っておいて欲しいのが、喪服にはいくつかのグレードがある事です。正喪服は最も格式が高く、お葬式や告別式だけでは無く一周忌までの法要で着用します。喪主や親族など、故人と関連深い側が着用する衣装です。
続いては準喪服と呼び、一般的な喪服はこれを指します。一般参列時やお通夜、告別式に参加する場合に着用するのがルールで喪主も着用出来る事から、使い勝手が良いとされています。
そして略喪服と呼ばれるダークスーツは、急な弔問だったり、三回忌以降の法事に着用したりします。黒だけでは無く深い紺色もOKなので、準喪服と合わせて持っておくと便利です。
女性の場合、生足はNGなので必ず黒いストッキングを着用し、靴もヒールが低く、ツヤの無い黒い靴がベストです。殺生をイメージさせるファーコートやクロコのバッグ、光沢のある小物はマナー違反です。

男性の服装マナー

女性よりも着用する衣類の範囲が狭いのであまり迷わないといえますが、男性の場合は黒の濃さが重要になります。喪服と言ってもグレードは様々で、あまりにも安いものは黒がすぐに薄くなってしまうのがネックです。
喪服を用意出来なかった方が、ビジネススーツを着用しお葬式に出た所、周りに比べると黒が薄くて恥をかいたと言うケースもあります。
また男性が正喪服を着用する場合はモーニングコートがおすすめです。ジャケット・ベストが黒でズボンは黒かグレーで細いストライプが入っている正喪服なので、一着あると長い期間着用出来ます。
モーニングコートには白無地のシャツでネクタイは黒がマナーです。アクセサリーはあまり良くないですが黒、金属であればシルバーで統一すると良いです。女性と同様、バッグの色は黒で殺生をイメージさせる小物はNGです。